おたんこナースのプロフィール

秋田県秋田市出身

父は広島人、母は秋田人の

属に言うハーフです。

 

目の覚めるような秋田美人をイメージすると

ちょっと期待外れになりますが、

髪が長かったころ石田純一さんの娘

すみれさんに似ていると言われてました。

 

 

私の自己紹介を幼少期からさかのぼると、

英語が堪能だった父の影響で

小さい頃から一人で洋楽を聞いては

歌って踊っている子供でした。

 

 

高校時代は彼氏と英語にしか

興味が全くなかったのに、

手に職があった方がいいのか?という、

唐突な疑問から看護師の道に進みました。

 

 

やりっぱなし。

おたんこなす。

とは、私を表す代名詞で、

仙台で就職した際には

とても手のかかる新人ナースでした。

 

 

でも、

根気強く育てて頂いたおかげで

ナースのお仕事が大好きになり、

もともと好きだった英語も合わせて

海外に行ってみたい、

ナースのお仕事を見てみたいと

25歳で仕事辞め、実家に帰りました。

 

 

すぐにオーストラリアへ旅立つ予定が

父の悪性リンパ腫ステージ4という知らせで、

見送りとなりました。

看病の甲斐もなく父は58歳で他界。

母と私は、

父の経営していたタクシー会社を

継ぐことになってしまったのです。

 

 

暗黒の3年余りを秋田で過ごしましたが、

ど素人の経営者ながら会社を

買い手を見つけることもできました。

後に本業ナースに戻って、

経営者や管理職という立場に興味を持ったのは

この時の経験があったからです。

人生は実に面白いですね。

 

 

2008年、ようやくオーストラリアへ。

最初は遊ぶこととサーフィンに夢中でした。

2009年にはオーストラリアで

看護師になってみたいという気持ちが強まり、

医療英語を学び、

2010年にOET試験(医療英語試験)合格。

 

 

2011年にはオーストラリアでも有名な

公立病院Royal Prince Alfred Hospitalに就職。

放射線科外来の看護師になりました。

南半球最大の放射線科外来で

150人近いキャラの濃いスタッフたちと働き、

笑ったり、泣いたり、

キレたり、キレられたりを繰り返しながら、

もまれて、学んで一人前のナースに成長。

 

 

2017年には放射線科の

クリニカルナーススペシャリスト(CNS)に

なりました。

そして、2018年には

師長代理として7月から半年の任務を

全う中です。

 

 

これだけ聞くと、

あらオーストラリアに来てからは

結構いいことだらけだったのね?

と、思う方もいるかもしれません。

 

 

私の人生は、

ウソっぽいくらいドラマの連続。

一番大きなドラマはやっぱり、

オーストラリアでの結婚。

からの、2年後スピード離婚。

でしょうか。

 

 

もともと気の強い二人は、

常にケンカばかりでした。

元旦那が突然離婚を切り出し、

私が家を追い出しの日は、

2年目の結婚記念日を祝う

週末旅行に行く当日の話です。

 

 

その後、

色々と恋愛も上がり下がりはありましたが、

現在は離婚後に一度付き合って別れた

ニュージーランド人の彼氏と寄りを戻し、

幸せを感じる毎日です。

 

 

こうしたブログなどの情報発信や

シドニー留学中の日本人ナースを対象に

オーストラリアの医療を学ぶ会を開き、

2013年から現在に至るまで

シドニーだけでなく、

日本各地でも勉強会を開き、

「チームおたんこ」の輪が

世界中に広まっています。

私の活動は全て、

自分の今や過去をたくさんの人と

シェアすることで、

大きな夢を実現することも

自分らしく幸せに生きることも

特別な人間にしか成し遂げられない

わけではないということを、

実際にお見せしたいからです。

 

新人時代、

いつも怒られてばかりの高橋奈央子が

海外でナースになり、

管理職になるなんて、

誰も想像していませんでした。

でも、

今は現実です。

 

 

高橋奈央子を知れば知るほど、

おたんこナースという表現が

ピッタリだと人は言います。

 

 

高橋奈央子にできて、

あなたにできないことはありません。

さぁ、

ここまで読んでくださったあなたは

もうチームおたんこの一員です。

 

 

これからあなたの人生は

もっともっと面白くなります。

 

オーストラリアでおたんこナース

高橋奈央子

 

おたんこナースから素敵なプレゼントが

もらえる無料メルマガ登録は

コチラから

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。