休める制度。

私は年間80時間の療養休暇を

与えられます。

つまり、

年間10日。

使わなかった分は翌年持ち越し。

 

 

3日以上休む際は

診断書が必要ですし、

休みがちな場合はもちろん

人事課に目を付けられ

色々と面倒なことになります。

(過去に病欠を簡単に取れることに

感動して

生理が来るたびに毎月1日休んでいたら

目を付けられたので

それは経験済み)

 

 

今回5日間休んで感じたのは

オーストラリアのナースは基本的に

時給計算でお給料をもらうので

病欠が有給であるというのは

本当にありがたいということ。

そして、

それは通常の有給休暇とは

別物であること。

 

無理せず休める制度、

休ませられる制度、

休んでもお給料や有給休暇が

減らない制度、

日本にも欲しいね。

 

 

ちなみに私には

100時間以上の療養休暇が

残っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。