必ず食える1%の人になる方法。

読み終えてから2週間以上

経っちゃったけど

面白かったのでご紹介。

 

 

4つのタイプの生き方に沿って

どんなスキルや心得が必要かを

ビジネス目線で丁寧に教えてくれる。

 

生き方は

社長タイプ

自営業タイプ

公務員タイプ

研究者タイプ

に分けられている。

 

 

おたんこは

自営業と研究者向きかなー。

でも、

社長的な生き方も参考になった。

 

 

これからは

ナースだろうが

ドクターだろうが

先生だろうが

公務員だろうが

自営業だろうが

どんどん「生き残り」をかけて

仕事をクリエイトしていかないと

誰も何となく生きている人間に

お給料なんて払わない時代になる。

 

 

 

というか、

なっている。

 

 

よく

「日本のナースはまだ

引く手あまただから」なんて

のんきなことを言っている人が

いるけど、

それこそ大きな間違いで

そんな人こそ不必要宣言されかねない。

 

 

現に日本の医療現場にも

外国人労働者が入ってきている。

日本はまだ差別的に

外国人労働者の給料が安い傾向。

つまり、

同じ仕事をするなら外国人がいい

っていう経営者がいてもおかしくない。

 

 

経営で一番ネックで一番削りやすいのが

人なのはご存知の通り。

 

 

この本は、

どんな世の中になったとしても

必ず食える1%の人になるために

具体的な基準や提案をしている。

 

 

何となく仕事してお給料もらいたい人が

この本を読むのは時間の無駄です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。