怒り狂ってしまいました…

本日のテーマは

 

 

怒り狂ってしまいました

 

 

【質問】

 

 

あなたにとって

 

「すぐ」とは何分ですか?

 

 

 

昨日の怒りの原因は

 

 

彼との感覚の違い

 

 

「すぐ」という時間の感覚。

 

 

 

彼が「もうすぐ帰る」とメールしてから

 

 

1時間後に帰宅。

 

 

実は彼の帰りを待っている間に

 

 

他にもイライラすることがあり、

 

 

車を使いたくて待っていた私は

 

 

エンマ大王と化し、

 

 

帰ってきた彼にいきなりツンケン。

 

 

もうすぐはせいぜい10分。

 

 

「すぐって言ったじゃないの!?」

 

とまぁ怒りました。

 

 

そして、彼も

 

 

「そんなことで何で言い争わなきゃ

 

いけないの?」と

 

私を拒絶。

 

 

それが私を余計イライラさせたことは

 

あなたなら想像つくでしょう。

 

 

結局、

 

「遅くなってごめん」

 

の一言が欲しかったのに、

 

 

私が、

 

「怒ってごめん」

 

を言う羽目になったことも

 

ちょっと嫌でした。

 

 

ちなみに

 

彼にとって「すぐ」とは

 

数時間を意味します。

 

 

というのも、

 

過去に同じことで喧嘩してました。

 

 

そういえば、

 

まだ同棲が始まる前に。

 

 

その時は

 

「すぐ」というあいまいな表現ではなく

 

いつ頃戻ると言おう!と決め

 

しばらくは問題なかったのです。

 

 

お互い学習していたつもりが

 

忘れていました。

 

 

彼は典型的なニュージーランド人。

 

 

のんびりしていて穏やかです。

 

 

そこが彼の良さなのに。

 

 

そこに怒り狂ってしまいました。

 

 

最近よやく二人の生活に慣れて

 

 

平和に暮らせるようになったと

 

 

昨日も母と電話ではなしていたのに

 

 

こんなことになって

 

自己嫌悪です。

 

 

そんな本日、

 

自分に言い聞かせる意味も込めて

 

あなたにシェアしたい言葉があります。

 

 

常識とは

 

 

18歳までに身につけた

 

偏見のコレクションである。

 

ーアルバート・アインシュタインー

 

 

パートナーから学ぶことって

 

本当に多いですね!

 

 

オーストラリアでおたんこナースの

お仕事、日常、マインドが届く

無料メール配信の登録は

ドキドキコチラドキドキ

 

 

 

プレゼント初回配信はプレゼント付プレゼント

海外の医療事情がわかる

高橋奈央子の患者体験レポの

メール配信登録は

コチラ

ベル

 

 

RN,AINになりたいあなたの留学相談,

ブログの感想やご意見、

ナースのお悩み相談,

出版、講演のご依頼は

コチラ

 

 

高橋奈央子が

看護や仕事について

本気でつぶやくツイッターは

コチラ

 

 

Facebookでフォローしたい方は

コチラ

 

 

アメブロとはちょっと違う

高橋奈央子が満載のブログは

コチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。