【患者レポ】ドクターの働きかた。

 

今日は私のオペの執刀医を含む

 

ドクターたちの働き方について

 

お話します。

 

 

日本のドクターの働き方というと

 

「医局」という言葉を想像しますよね。

 

オーストラリアにはありません。

 

 

研修医や専門医の資格を取るまでは

 

「病院」という単位に属するドクターたち。

 

 

専門医になると、

 

働き方は結構自由です。

 

 

私の執刀医を例にとると

 

週1日 公立病院で公立の患者さんをオペ

 

週2日 私立病院で私立の患者さんをオペ

 

週1-2日 自分のクリニックで診察

 

*オーストラリアでは自分のクリニックを

 

Roomと呼びます。

 

 

つまり、

 

ある時は公立病院のドクター

 

ある時は私立病院のドクター

 

それぞれ病院と契約をして

 

働き方を自分で選びます。

 

 

 

私の職場のドクターの一人は

 

趣味のバンド活動に1日を費やすため

 

ドクターとして働くのは週3-4日。

 

 

 

日本でも複数の病院で働くドクターは

 

いますが、

 

少し違いませんか?

 

自由度が。

 

 

 

 

オーストラリアでおたんこナースの

お仕事、日常、マインドが届く

無料メール配信の登録は

コチラ

初回配信はプレゼント付

 

 

最近はじめました

おたんこライン登録方法は

コチラ

 

 

RN、AINになりたいあなたの留学相談、

ブログの感想やご意見、

ナースのお悩み相談、

出版、講演のご依頼は

コチラ

 

 

高橋奈央子が看護や仕事について

つぶやくツイッターは

コチラ

 

 

Facebookでフォローしたい方は

コチラ

 

 

おたんこナース高橋奈央子の

日常がインスタでも

見れちゃいます。

こちら

 

 

アメブロとはちょっと違う

高橋奈央子が満載のブログは

コチラ

気になるカテゴリーをクリック

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへにほんブログ村 英語ブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。